こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2005年09月25日

NLPコーチングアドバンス〜無意識を聴く



一人ひとりが、やがてつながっていく。

みんなが、桟橋になり、その下をみんなが潜り抜けていく。


そして、それが、やがて。。

  
   。。。。。一つの環になっていく。。。


   。。純粋さが、流れていく。。



深く繋がった感覚。


言葉がなくても、、、


   あなたがいてくれたらそれでいい、という不思議な感覚。


 
 一人ひとりの気持ちが、紡がれ

       一つの大きな輪になって流れていく感覚。



        +  +  +



画像 189.jpg


ワークショップは、安心・安全な場。

だからこそ、本当の自分と向き合える場所となる。


自分の深くに眠る感情や想い。

それが、コミュニケーションを行なうときに、
表層部(言葉やしぐさ)に影響していく。


まず、深く自分自身を体験していくこと。


それが、無意識を聴くために、大切な体験となる。


そして、それを受け取る仲間がいる。
相手の感じていること、考えていることを尊重して
関わっていくことの大切さを充分に分かっている仲間がいる。


自分ひとりでは、自分自身をみることはできない。

そこに、ただ何も言わなくても
自分のことを信じてくれる仲間やコーチが
いなくては。。。。


     +  +  +


今回は、無意識に表現されるものをいかに聴き取っていくかを中心に
ワークショップでさまざまな体験をしていきます。

画像 195.jpg


1日目は、感覚の鋭敏性を鍛え、アップタイムの状態を作り出し、
観察力を高めていく練習。


言葉以外に伝わってくるものをしっかりと聴いていきます。


たくさんのワークがあっても
みんな楽しんで、体験し、学び続けていきます。

そして、コーチとしての「姿勢」を身につけていきます。


画像 185.jpg


そして、1日目に学んだことを活かして、
2日目には、言葉を使わずにコーチング。

自分自身と向き合うことや
コーチがクライアントを信じて
そばに居てくれること。


1日目の「姿勢」や「感覚を鋭敏」にして、
クライアントと関わっていきます。

参加者の多くが、しっかりと自分を見つめ、
言葉を超えたところにあるものをしっかりと
見つけ、感じていきます。


午後は、人が無意識に持つ時間軸と空間軸を
体験していきます。


今回の一連の大きなテーマは、

「聴くプロフェッショナル」

になること。


そのために、

クライアントが、時間軸として、

過去、現在、未来のどのポジションから話しているのか、
タイムラインに乗って、生に体験していることを
話しているのか、それとも、タイムラインから外れて
客観的に、過去や未来と比較をしながら話しているのか、

それを聴き取ることや

そして、空間軸として

自分、相手、客観的な第三者のどのポジションから
話しているのか、

それを聴き取るためのワークをしていきます。


そのためには、まず自分が体験すること。。。

       +  +  +


エグゼクティブコーチでは、
「本気でやること」
「本気になること」

を重要視しています。

「本気」になることをかっこ悪いという風潮のなかで

人が、「本気」になるからこそ、かっこいい

ということを頑なに信じてやっています。



本気だからこそ、その人のエネルギーが目一杯生まれてくる。



そのため、タイムラインやポジションチェンジの
ワークも、真剣に自分や相手と向き合っていきます。


画像 188.jpg


終わったとき、

多くの人が、自分の中にある無意識に決めていた

 自分の人生や

 誰か他の人の関係

に、新たな選択を持ちました。


そして、自分の感情の奥に沈む本当の自分自身の根っこの気持ちに
向き合えました。


時間や、空間は、そもそも

あなたの頭の中にある認識。


あなたが居るから、過去や未来が生じ、
「ここ」、「あそこ」という空間が生まれる。


それを創っているのは、もちろん、あなた。


どんな認識に変えていくかは、あなた自身が決められるのです。







posted by ピークパフォーマンス at 20:31| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のワークで自分が解き放たれた気がします。
自分で作り上げていた枠から飛び出した感じ?
何もかもがすべて自分しだいだと実感できた
二日間でした。
そして私も本気のパワーを信じます。
人は無限の可能性をもっていますね。
Posted by ぱと at 2005年09月28日 11:06
とうとう 来れた。
ここまで 来れた。

大きな気付きのあとには いつも試されるかのような
大きなアクシデントがつきものの私ですが、
今回は何がきても もう大丈夫だった。

関わってくれたすべての皆さんのお陰です。
そして みんな みんな。
ありがとう。

私の前には また新たな道があります。
それを 登ることができます。

タイムラインで ずっと黒い落とし穴だと
思っていたことが、
ポジションチェンジで すべて感謝の素に変わりました。
Posted by めぐっち at 2005年09月29日 01:09
ぱとちゃん、めぐっち

コメントありがとう。
こうして、コメントをもらえると
ブログを書いていて、張り合いが出ます!


ひとつ、そして、またひとつ
みなさんの中にある世界観(=モデル)が
拡張していくのを感じます。

拡張してくることから
生まれてくる可能性も見えてきている。

どれだけの可能性が
まだみなさんの中に、潜んでいるのでしょうね。
Posted by hiro at 2005年09月29日 10:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。