こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2005年07月13日

ビジネスコーチングアドバンス 「案件」レベル

画像 005.jpg

受講生の感想より:
本で読みましたけど、今日ワークショップを受けて、失礼ですけれども、こんなに「案件」レベルって、深いんだ〜。。。ということが、体験できてとてもよかったです。


今回は「案件」レベル。

「案件」とは、今の会社で現在、直面している仕事やプロジェクトのことです。

今までの「キャリア」「現職」レベルを通して、何となく、もしくはイヤイヤ会社に行っていたマインドから、この会社でどんな存在として関わっていくか、そして、オンリーワンとしてどのように輝くかをやってきたあとの、「案件」だけに、今までの「案件」への意識の取り組み方とは俄然変わってきています。


今回の「案件」レベルでも、もう一度、自分が「人生でどう生きたいのか」(ライフレベル)から、そして、そんな人生を送るために「どんなキャリアを築きたいのか」(キャリアレベル)、さらに、そのキャリアを築くために「現職で、どんなことをしたいのか」(現職レベル)を一つ一つ確認して、「案件」レベルに取り組みました。


あなたもどうでしょう?

今の仕事の「案件」をそんな風に見たことはありますか?
もし、なければ一度やってみてください。
「案件」の意味が大きく変わってきます。

「案件」は、会社や上司からやらされているものではなく、あなたの人生を大きく変えるチャンスに見えてくるはずです。
そこには、案件に対するあなたの当事者意識が芽生えてくるからです。


画像 002.jpg

そんなことを確認しながら、本に掲載されているものや掲載されていない、さまざまなエキササイズに取り組んでいきます。まさに、いろいろな道具がちりばめられていて、コーチングに使えそうなものばかり。


画像 003.jpg
(温かく見守るリーダー)

3週目にもなると、和気藹々とした雰囲気と、お互い仕事でチャレンジしている話がでてきてそれぞれが、シナジー効果を出していきます。

画像 004.jpg

今回参加されたメンバーは、とても積極的だし、自分の人生を仕事を通してチャレンジしています。そのエネルギーがとても伝わってきます。

画像 001.jpg
(セミナーの一風景:自分の内面を書き留めていくエクササイズ)


あなたの案件はどうでしょうか?

多くの方は、案件に取り組もうとしても、自分が案件に真剣に取り組もうとする姿勢や気持ちに対して、
「そんなことやっても無駄だよ〜」
「一人で力んでもしょうがないよ〜」
「一人じゃ何も変えられないよ〜」

などなど。。。という内側の声を聴くことはありませんか?

そして、あなたの「本気」は、気持ちの奥のほうにふたをして、その声に従ってしまう。
その奥には、「人生をあきらめてしまう」という習慣を育てているにも関わらず。。。

この案件のワークの最後は、そうした自分の声や他人の声を振り払って、奥にふたをしてしまったあなたの案件への情熱を取り出し、その自分に整合していきます。
実際、前回の現職レベルで、一人ではできないことを、後輩を巻き込んで歩み始めた方もいます。
今回は、どんな変化をみんなが創りだすのでしょう。

最後は、その整合した自分で各職場に戻っていく人たちで、堅い握手をしました。それは、心と心を結ぶ握手。

画像 006.jpg


変わりたい、変われない・・・

あなたは、本当はどっちなんだろう?

もし、変わりたいと決心したら、今目の前にある案件から、真剣に取り組んでみるのはどうだろうか?

***********************
本当に危険なことは、
何もしないことだ

(デニス・ウェイトリー/「成功の心理学」著者
***********************









posted by ピークパフォーマンス at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。