こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2011年01月30日

「セミナー」の時代から、「個別コーチング」の時代へ

「セミナー」は、楽しい、
学びになる、気づきが多い、
ワクワク、みんなとつながれる、


私も大好きで、いまだに、
たくさん、行きまくってます。


なるほど〜、
へ〜、スゴイ!!


そうなんだ〜、


分かった!!


だから、〜だったんだ〜。




「セミナー」は、出れば出るほど、
知的好奇心、感情体験、対人交流、


いいことづくめ。



・・・・・・・・・・・。


でも、人生は、変わらない。
仕事や職場、人間関係や家族、


そのまま。


そして、また、次のセミナーへ。


セミナーにいるときは、


「本当に自分」「自分らしい自分」
「愛と感謝に満ちた自分」
「社会や世の中に貢献したい自分」
に出逢える。



「日本を元気にしたい人たち」
「人の立場や気持ちを尊重する人たち」
「愛と勇気で、わかり合いたい人たち」
に出逢える。


でも、


一歩、セミナー会場を出ると、


いわゆる『キビシイ現実』、
いわゆる『ネガティブな人たち』、
いわゆる『やりがいのない仕事』、


待ってる。




そして、お金を貯めて、
また次のセミナーへ。


もう「セミナー」の時代は終わりにさしかかっています。



たくさんでてると、うすうす、感づいている。



たしかに、夢や目標が大事、
ポジティブ、自分らしく、ワクワクがいい、



確かに、ネガティブなビリーフ変えて、
セルフイメージあげて、


行動が大事。


知ってるよ!!もういろんなところで言われてる。


でも、


でも!!


どうやって??


自分の場合は??


自分のケースは??



やりたいこといろいろあるけど、


「本当に心から、やりたいこと」って、言うけど、


どれが、「本当か??!!」分からない。


自分の場合は??




「成功者」と同じ事やってるのに、
「セミナーで教えられたステップ通り」やってるのに、
うまくいかない・・・・。


「私の場合、どこを??どう変えればいい??」




自分の場合は??




集団のセミナーの限界。




抽象論、一般論は分かる。
理屈は分かる、
何すればいいか、分かる、
でも、できない。


自分の場合は??


自分の何がひっかかってる??


自分の場合、どれが本当にやりたい??

自分の場合、どこから手をつけたらいい??




セミナーで、たとえ、
小グループで、ディスカッションしたとしても、

その中に、「優秀なコーチ」がいなければ、

堂々巡り・・・・。


実は、私も、そう。


堂々巡り。


はまって、抜けられないよね。


同じ悩み、共感し合って、


終わり。





一般論、人の事例、


心、メンタル、成功法則、
夢を叶えるメソッド、
トラウマやビリーフから自由になるメソッド、



なるほど〜〜〜!!!!


って、分かっても、気づいても、


じゃあ、自分の場合は??  


私は??何をすればいい??









これからは、「個別コーチング」の時代、


プロとして、包括的に、トレーニングを受け、


コーチングばかりでなく、カウンセリング領域との関連まで、


体系的に学んだ、「プロ・コーチ」の時代。



自分の場合は??


それに、応えられるのは、


「個別に対応するコーチング」だけ。







posted by ピークパフォーマンス at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183293118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。