こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2010年11月08日

未来に希望や可能性が感じられない


最近、お会いするカウンセラーやコーチ、

コンサルタントやセミナー講師・・・・、


一生懸命、頑張っているけど、

自分や人、世界や業界に、

『本心から、希望が持てない』、

『本気で、可能性を信じることでできない』、


口にしないけど、そんな空気、

よく感じます。


思いがある人たちが集まって、

「対話」すれば、何かが起こる、


そんな活動をしている人たちですら、


内心、「確固たる確信」を持っているよう・・・

ではない。



なぜなら、

『うまくいった見本』、まだ、見たことがないから、

『うまくいくやり方』あることすら、まだ、知らないから、


・・・・だから、


自分たちの遭遇する範囲でしか、

想像できない。




ライブセッションやコーチ養成で、

テクノロジーを伝えたい!!のは、


なぜか?


もし、ガンやエイズの特効薬があったら、

独り占めしないで、


どんどんシェアしたい!!


ように、


心のガンやエイズの特効薬あるから、


どんどんシェアした!!



「カウンセリングの常識を変え、コーチングの価値を高めたい」、


うつやパニック障害、引きこもりや不安症、

「本人がよくなりたい意志」さえあれば、


2〜3回で、よくなる、

風邪よりは完治が早いし、根本的に解決。


コーチングって、「承認」したり、「任せたり」

するだけのもの・・・・ではい。


コーチングって、「傾聴」したり、「質問」したり、

するだけのもの・・・・ではない。


相手の身体から、

本人すら気づいていなかった、

「やりたいこと」や「自分らしい」やり方、


五感の臨場体験を通して引き出すもの。

posted by ピークパフォーマンス at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168788393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。