こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2010年10月14日

「『本当にやりたい!!』だと、思い込んでいる」ことに気づいてないから、

今年の6月、



大前研一さんのビジネススクールで、

アントレプレナー講座講師を担当しはじめた初日、



何人かの参加者から、



食ってかからんばかりの勢いで、



「ここで、本当に、やりたいこと、見つかるんですか!!!」



「今まで、いろんな『やりたいこと見つけるセミナー』受けてきたけど、

結局、見つからなかった、本当に、この講座で大丈夫??!!」、



他では、「『やりたいこと、見つける!!』って言いながら、

結局、夢や目標の実現の仕方、しか教えてくれない・・・」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コーチングで、一番大事なのは、

『クライアントが気づいていない本当にやりたいこと、

見つけられること』



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





原田隆史先生によると、



夢や目標を掲げた95%の人が

実現できない・・・・と。




そのデータ、



私は、ちょっと違った見方を、する。



95%の人が、実現できない、



のではない。



95%の人が、



本当にやりたいこと、じゃないこと、



のため、



頑張っている。



本当にやりたいこと、だと信じ込んでいること、



のため、



努力している。





だから、途中で挫折する、



だから、最後まで続かない、



だから、本気でやる気になれない、



だから、実現しない。



たとえ、実現しても、



心から、ハッピーに感じられない。





コーチングで、大事なのは、



この『本人も、もちろん、コーチも、

気づいていなかった、

本当にやりたいことを、

システマティックに、包括的に、

引き出す、実践的なスキル』が必要。



過去、

現在、

未来、



ライフレベル、

キャリアレベル、

現職レベル、

案件レベル、



具体的なエピソードから、

抽象的なエッセンス、



そして、それらの点を線に、



そして、面に、立体に、



最後は、時間軸の



4次元時空に展開していく・・・・。




やりたいことは、一つだけじゃないし、



時間系列も、どの順番で、

いつ頃やりたいか、みな違う。



それらを引き出す、整理できるのが、



コーチング。




本人も気づいていなかった、



本当にやりたいことは、



子供時代の楽しかったこと、

思い出すだけでは、

なかなか見つからない。



五感感情を伴って、

身体感覚、実際の動き、

まるで、『今ここ』で起こっているように、



脳が実感するほどの臨場感の中から、



引き出していく。



それが、誰にでもできるよう、



テクノロジー化されているのが、



コーチング。



posted by ピークパフォーマンス at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。