こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2010年05月12日

自分のワクワクとコーチングビジネスが離れてる?(!)

昨日のコーチのためのマーケティング&ブランディングカフェ。
すでに活躍しているコーチ、そして、
これからもっともっと、実力もビジネスもスキルアップして世の中に貢献していきたいと思っているコーチの方達に集まっていただきました。
その中での出来事。

講師からの問いかけ。
「どんな夢の実現にコミットしたい?コーチングでどんな結果を生み出していきたい?どんなテーマ?」
「その夢を実現したいと思っている人は、どんな人?」

そして、
「『コーチ自身が本当にワクワクすること』=『コーチ自身の自分軸』が、
ビジネスをすすめていく中でも、自分のビジネスの領域を決めていくときにも、
とっても大事!」

ということで、コーチ自身のワクワクについても、
カフェの時間内でミニコーチングしていただきました!

すると、参加者のNさんからこんな質問をうけました。

「自分が本当にワクワクしていることに気づきました。
そして、
 これからやろうと思っていたコーチングビジネスが、
 それと、まったくかけ離れていることに気づいてしまいました。
どうしたらいいでしょう?」

かなり困った表情で、「こんなことに気づいてしまうなら来なければよかった」とまでおっしゃっていました。

いろいろなビジネススキルを使ったとしても、
頭で考えてビジネスをつくっていこうとすると、こういうことがよくおきるのではないでしょうか?

こんなときの解決方法、
あなたならどんな風に考えますか?

お金のために、やりたいことは妥協する?
いえいえ、コーチはそんな安易な解決方法にいきません。

「では、Nさん、もう一度、自分が本当にワクワクすることを思い出してみてください。」コーチは、五感を使って、臨場感をもって、本人のワクワクを引き出していきます。
未来や過去の様々な場面に、「タイムマシン」や「どこでもドア」を操るようにして、でかけていきます。そして、「自分軸のエッセンス」をみつけていきます。

「自分軸のエッセンス」をみつけておくと、
クライアントの人生や仕事の選択について、可能性が爆発的に広がります。

例えば、

その「自分軸のエッセンス」を満たしながら、
これからやろうと思っているコーチングビジネスを展開していくアイデアは?

だったり、

「自分軸のエッセンス」と、これからやろうと思っているコーチングビジネスを時間軸上に並べてみたり・・・

そして、
「臨場感をもった再現」と「俯瞰して客観的に理解する」ことで、
今までは思いつくことができなかったアイデアに、
脳がアクセスしていきます。
そして、解決の糸口は、いくらでも見つかっていくのです。
最終的には、Nさんの現在のビジネス戦略と夢がつながっていき、
現在にも未来にもモチベーションをもてて、
チャレンジできる道がみつかっていくのです。
また、実際にチャレンジをはじめると、見えてくる世界、キャッチできる情報もあります。ですから、コーチングは一度だけでなくて、継続したパートナーシップとしてサポートしていくのです。

しゅん(五十嵐久美子)
posted by ピークパフォーマンス at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。