こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2010年03月09日

最後のメッセージは

3月7日。日曜日。

12日間のコーチ養成プログラムが終わり、

最後に伝えたメッセージ。


それは「コーチング同盟」

クライアントとコーチが
ヨコの関係で、一緒に取り組むこと。

どちらがリードするのでも
されるのでもなく。

より大きな気づきと
目の前の小さな一歩に向けて。

正しいやり方があるわけではない世界。
ただ、ふさわしいあり方があるのだろう。

二人で、真剣に。
決して深刻にはならずに。

しっかりとした信頼関係。
お互いに納得感のあるテーマ。
二人で、この場で作り上げる手法。

これらが噛み合ったとき
お互いの想像を超えたセッションが生まれる。


1月からコーチングを始めた参加者が
最後に、涙をためながら、言ってくれたこと。

「あたりまえのことだけど、
コーチングってひとりじゃできないんですね」

この気づきの重さ。


さんざんチャレンジして、悩んで
またチャレンジして

そして

原点に帰る。

あなたとわたしが共にいるから。
新しいものが、いまここに、生まれるんだ。


それを作り出す場所が

コーチング。


セッションルームでも
喫茶店でも
スカイプ越しでも
食卓越しでも
会社のデスクでも
ベッドの上でも


あなたと相手の間には
コーチングの可能性がある。


二人がそれを選択した瞬間。
新しいものが生まれる。


そのことに微塵の疑いもない。

あなたとの出会いを
深く感謝します。

養成スクール 講師だいじゅ

posted by ピークパフォーマンス at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | プロコーチへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143136884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。