こちらへ引っ越しました。
ご登録の変更をお願いします。


http://ameblo.jp/teamflow


2010年10月28日

神戸、姫路、熊本・・・・

271.jpg


先週は、兄を姫路セントラル・パークに連れて行っていました。

自家用車で、サファリを巡ったり、降りて、徒歩で

動物園巡ったり・・・・・。



そして、夢の井という温泉ホテルへ。



兄の体は、以前に比べ、どんどん悪くなっていて、



今までの家族サービス・・・というよりは、

宿泊を伴う、介護実習・・・という感じで、



私自身、温泉を楽しむというよりは、

彼の体を洗ってあげたり、食事をとってあげたり、

服の脱ぎ着、トイレ一つも大騒ぎ・・・・。




いや〜、ほんと、介護士の人は、

こんな大変なことしてるんだな〜と実感しました。



272.jpg


年に一度くらいは、

兄を旅行に連れて行ってあげよう、



それが、震災で亡くなった、両親への

せめてもの親孝行、そう感じています。



旅行後は、ヘルパーさんたちも、

すっごく元気で笑顔に戻った兄を見て、

喜んでくれていました。


273.jpg


その後は、翌日、熊本へ。

てんつくマンの1200人植林へ。



金曜日は、120人ほどの参加者へのセミナー。

土曜日は、私も植林したあと、

中村文昭さん、てんつくマン、てっぺんの大嶋さん、



この3人を、公会堂600人の前で、

ライブセッション(公開でコーチング)。



一人ひとり、個性的、感動的で、

最後のてんつくマンは、初めて、公の場で、

涙をながすのを見た、と言われました。



3人とも、思いが強いからこそ、

いいセッションになったと思います。


274.jpg

275.jpg



日曜日、早朝、帰東しました。



残念ながら、雨で、植林はできなかった、らしいですが、

体育館で、ライブコンサートは、

盛り上がったそうです。



今回、できなかったからこそ、

絶対、また来たい!!!



そんな気持ちの方が多かったそうです。



「諦めないこと」、



「叶うまで、諦めない」




posted by ピークパフォーマンス at 08:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

コーチングフェスタのご案内

今日はコーチングフェスタのご案内です。

以下、
コーチングフェスタ2010実行委員会さんからの
ご案内です。


早期割引は 
10月22日までです!!



──────────────────────

【コーチングフェスタ2010 in Tokyo】

      -縁日-

2010年11月23日(祝)東京・大正大学



主催:日本コーチ協会東京チャプター(JCAT) 

   コーチングフェスタ2010実行委員会一同

     http://www.coach-tokyo.org/cf2010/

──────────────────────



こちらのイベントには
平本あきおさんにもゲストとして出演していただきます。

テーマは

プロコーチの「実力アップ」&「マーケティング」

〜社会貢献とビジネスの両立を実現する方法〜テーマ選定中」です。



コーチとして経験豊富な平本さんに

マーケティングの話を伺える、大変貴重なチャンスです。



今年のコーチングフェスタのテーマは「縁日」です。

縁日って、縁のある日と書きますよね。



お祭りのような楽しい雰囲気を味わいながら、

コーチングやコミュニケーションを通して皆の幸せをサポートしている仲間と

縁ある一日をお過ごしください。



通常7000円のところ10月22日までにお申し込みの方は

早割で6000円となっています。



●日時

├11月23日 (火・祝)

└10:00〜17:30 ※開場9:30〜



●会場

├大正大学 巣鴨校舎 10号館

├東京都豊島区西巣鴨3-20-1

http://bit.ly/btURYE



●参加費

※10月22日 までの申込は、早割が適用されます。

├一 般……………………………………6,000円

├各チャプター会員等……………6,000円

├学 生……………………………………3,000円

├身障者手帳をお持ちの方…3,000円

└高校生以下……………………………………無 料



※10月23日 以降の参加費に関しては、下記にてご確認ください。

http://www.coach-tokyo.org/cf2010/



【第1部(10:30-12:00) ※90分】

マツダミヒ ロ 「コーチング力を高める魔法の質問」

津村英作  「Bigger Gameという新しい視座のご紹介」

高宮有介  「いのちの講座〜死から生といのちを考える〜」

本間直人  「"ひとことの力"」

高原恵子  「コーチが知っておきたいストレスマネジメントの知識」

吉田典生  「ビジョンをめぐる対話 〜一人ひとりの"本気"が現れる瞬間〜」

青木安輝  「ランダムアクセス質問で余裕のあるコーチング」

江藤真規  「子どもが変わる!自分が変わる!〜才能を開花させるペアレンテーションとは〜」

赤塚丈彦・ 斉藤知江子・松本真由美 「学校丸ごとコーチング!」

コーチング ファーム 「『あしたげんきになぁ〜れ』 〜自分を知ろう〜」

中島崇昴  「組織活性化に活躍する「菩薩型ファシリテータ」育成」



【第2部(13:30-15:00) ※90分】

本間正人  「コーチングQ&A」

カフェde コーチング 「『コーチング体験カフェ』?気軽にコーチング体験してみませんか?」

西村雅司  「コーチング普及活動・北関東C4交流会事例・茨城チャプター」

小巻亜矢  「子育てコミュニケーション」

ファシリ テーション塾 「コーチングとファシリテーションの交差点」

STARクラブ 「無理をしない、疲れない、踊るようなコーチング」

視覚障害者 コーチ協会 「コーチングの贈り物」

天野敦之  「宇宙とつながるコーチング」

プロセス ファシリテーションプロジェクト 「プロセスワークから学ぶ コーチに役立つインナーワーク入門」

鈴木核・樋口晴美 「コーチングの可能性を考えよう」

平本あきお   プロコーチの「実力アップ」&「マーケティング」

〜社会貢献とビジネスの両立を実現する方法〜テーマ選定中」



【第3部(15:15-17:30) ※135分】

ワールドカフェ&OST(オープンスペーステクノロジー)

posted by ピークパフォーマンス at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラボイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

圧倒的な意欲感じます。

ロンドン五輪、10個のメダルに向け、
40名以上のコーチたち、

各グループごとに、

毎朝、電話ミーティング、
アスリートへのアプローチ、
勉強会、想いを語る場、・・・・。


圧倒的な意欲感じます。


本気で、10個以上サポートする!!

コーチングで、日本ばかりでなく、
世界が変わる、


そんな予感です。
posted by ピークパフォーマンス at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本で植林してきます!!

こんにちは。じゅんです。

実は、10月22日(金)〜

人生初の出張というものに行ってきます!!

行先は熊本!!!


中村文昭さん、大嶋啓介さん、てんつくマン。
そして、アルピニストの栗城史多さん
平本あきおがゲストのイベントがあります!


平本のWSは2日間でソールドアウトしましたが、
キャンセルが数席のみでました!
23日の夜はまだ申込OK、

最終日に行う植林イベントも
まだまだ参加ができるとのことです。


ご都合の合う方は、
僕と一緒に植林しましょう!!!



以下、
てんつくマンよりご案内です。



◯●◯●◯●◯●
緊急!
『感動しすぎて死んだらごめん合宿in熊本』
●◯●◯●◯●◯●

超豪華ゲスト陣によるセミナーや講演会、
そして最終日には1000人以上での植林に挑戦し、
最後には野外音楽フェス!


夜は酒飲み語り合いなどなど、
最高の仲間と会える感動合宿。


合宿中の豪華ゲスト陣:

中村文昭、大嶋啓介、てんつくマン。
そして、アルピニストの栗城史多、コーチングの平本あきおさん、
そして、絵本作家ののぶみちゃん、途中から香取貴信も合流!


ミュージシャンは、
イベントに参加してくれる人、
みんなです。


■詳細/お申込は今すぐ↓
(PC)http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/?p=6502
(携帯)http://www.wonderful-world-syokurin.org/mobile/headline.php?post=6502


○●○●○●○
(1)10月24日は熊本
  『EARTH CHILD2010 1000人の植林チャレンジフェスティバル!』
   〆切は17日。

  目標1000人:現在444名:残り556名
●○●○●○●○

奇跡は起こるのか?!
参加者急増中の熊本1000人植林!
午前はワイワイ植林!!
午後は大感動の野外フェス!


ゲストは
FUNKIST、おかん、南ぬ風人まーちゃんバンド、
森源太、杉浦貴之、堤晋一、Natural Radio Station。

さらに、すんごい大道芸人、「ちゃんへ」



なんとライブの司会は、
中村文昭、大嶋啓介、てんつくマン!


へそ大学は23日、
中村文昭、大嶋啓介、てんつくマン、平本あきおさん、
そして、文ちゃんの師匠の田端さんが来てくれるとか。


■植林会場:熊本宇土市轟水源の近くの山

■ライブ会場:つつじヶ丘農村公園(熊本県宇土市)

■植林のみ参加は1000円/植林&ライブ参加で3000円!

■23、24日の詳細・お申し込みはこちらから

http://earthchild-2010.rejec.net/

みなさん、声かけお願いします!

※予約制になっているので、ぜひご予約下さい!

※直接、植林会場には行けないので駐車場か熊本駅に集合となります。
posted by ピークパフォーマンス at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | コラボイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未来への想いを、「チームフロー」という名前で共有したい。。。

会社の設立から、


ずっと目指してきたこと、


これからも目指していきたいことの、


「名前」がみつかったね!






「チームフロー」という言葉を、
発見したときの嬉しさ。




自分たちがやっていることを、
伝えるのに、


なかなか、いいコンセプトがみつからない。


そんなもどかしい歳月を、
ずっと過ごしてきました。




それに、
ふさわしい名前を、


やっとみつけた・・・。






誰かだけが、


一人が、


ピークパフォーマンスを発揮しさえすればいい、


とか、




ピークパフォーマンスを発揮できない人は、ダメ、


とか、




そういうことを、
言ったことは、一度もないけれども、




「コーチングをしています」


「株式会社ピークパフォーマンスです」




そう伝えると、
誤解や先入観が、起きてしまう。






それが、
「チームフロー」という言葉で、
一歩前進!


そんな予感が、しています。




+++++




現在の社会や、
これからの日本や世界の将来のことを、
考え続け、


繰り返し、自分に問い続け、




私たちは、


プロコーチの養成に、
2010年4月、踏み切りました。








私は、数年前のあるころ、


「コーチングばかり、このまま続けていっていいの?」


「人の内面ばかりを、扱うだけでいいの?」


プロコーチとして、トレーナーとして、
悩んだ時期がありました。




そして、


社会システムのこと、
経済システムのこと、
金融システムのこと、
政治のこと
環境問題のこと、
格差のこと、
戦争や平和学のこと、
コミュニティのこと、
農業や自然環境のこと、
歴史や歴史観のこと、
宇宙や物理のこと、
・・・


いろんなことを学びに出かけました。
たくさんの人に会いました。話を聞きました。本を読みました。




そして、


いきついた答えは、




「一人ひとりが、自分らしく、
人生や仕事を選択できることが、
とっても大事。


会社や他人に頼らないと生きていけない、
それしか選択がない、


そういう状況から、
個人も地域も社会も脱し、


自立した生活と、
判断や決断ができる状態を、
現実的に手に入れていくこと」




このことが、


社会変革や、
人類や地球の将来と、
密接につながっていることを、
知りました。






「コーチ養成スクール」や、
プロコーチとしての活動は、




それを実現できる。





それぞれの人にとっての


そんな生き方を、みつけて、


実現する方法を、みつけていける。








理想論や、
考え方の枠組みだけじゃなくて、


現実的に、
増やすことが可能な、
テクノロジーも、スキルもあるし、




カリスマだけに頼るのではなく、
一緒に活動してくれる、心強い仲間たちもいる。


ちょっと、
大げさかもしれませんが、


私たちが、
未来の鍵を握っているんだ、


そう思いました。








私たちがやってきたことや、
やろうとしていることは、


本当に本当に、
日本や世界に、
とっても価値のある貢献なんだ、




そう確信して、


約1年前に、


「プロのコーチを今後20年で1万人育てる」


そう決めました。




その確信は、
この1年間で、ますます増しています。




+++++




一人ひとりのユニークさ、個性、


一人ひとりが、自分らしいこと、
「自分のことが大好き!」って思えること、


チームフローの出現に不可欠。






協力する姿勢、
協力し合うためのコミュニケーションスキル、
横の関係で、コミュニケーションをとり続け、励まし合えること、


「相手のこと、周りの仲間のこと、心から信頼してる」って、思えること、


それも、


チームフローの出現に不可欠。






誰もがユニークで、
誰もが必要な存在。




存在価値のない人なんて、一人もいない。


「自分は役に立ってる!」
そう感じられる、居場所があること。


それも、


チームフローの出現に不可欠。




私たちが目指している姿は、
今までと、なにも変わりません。




「チームフロー」を
地球規模で実現すること。


その、
希望や責任の一端を担うこと。




それが、私たちのやりたいことです!




そのために、
これからも、
コーチ養成スクールで、
プロコーチを育てていきます!






しゅん
五十嵐久美子
posted by ピークパフォーマンス at 08:39| Comment(1) | TrackBack(0) | スタッフの諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

「『本当にやりたい!!』だと、思い込んでいる」ことに気づいてないから、

今年の6月、



大前研一さんのビジネススクールで、

アントレプレナー講座講師を担当しはじめた初日、



何人かの参加者から、



食ってかからんばかりの勢いで、



「ここで、本当に、やりたいこと、見つかるんですか!!!」



「今まで、いろんな『やりたいこと見つけるセミナー』受けてきたけど、

結局、見つからなかった、本当に、この講座で大丈夫??!!」、



他では、「『やりたいこと、見つける!!』って言いながら、

結局、夢や目標の実現の仕方、しか教えてくれない・・・」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



コーチングで、一番大事なのは、

『クライアントが気づいていない本当にやりたいこと、

見つけられること』



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





原田隆史先生によると、



夢や目標を掲げた95%の人が

実現できない・・・・と。




そのデータ、



私は、ちょっと違った見方を、する。



95%の人が、実現できない、



のではない。



95%の人が、



本当にやりたいこと、じゃないこと、



のため、



頑張っている。



本当にやりたいこと、だと信じ込んでいること、



のため、



努力している。





だから、途中で挫折する、



だから、最後まで続かない、



だから、本気でやる気になれない、



だから、実現しない。



たとえ、実現しても、



心から、ハッピーに感じられない。





コーチングで、大事なのは、



この『本人も、もちろん、コーチも、

気づいていなかった、

本当にやりたいことを、

システマティックに、包括的に、

引き出す、実践的なスキル』が必要。



過去、

現在、

未来、



ライフレベル、

キャリアレベル、

現職レベル、

案件レベル、



具体的なエピソードから、

抽象的なエッセンス、



そして、それらの点を線に、



そして、面に、立体に、



最後は、時間軸の



4次元時空に展開していく・・・・。




やりたいことは、一つだけじゃないし、



時間系列も、どの順番で、

いつ頃やりたいか、みな違う。



それらを引き出す、整理できるのが、



コーチング。




本人も気づいていなかった、



本当にやりたいことは、



子供時代の楽しかったこと、

思い出すだけでは、

なかなか見つからない。



五感感情を伴って、

身体感覚、実際の動き、

まるで、『今ここ』で起こっているように、



脳が実感するほどの臨場感の中から、



引き出していく。



それが、誰にでもできるよう、



テクノロジー化されているのが、



コーチング。



posted by ピークパフォーマンス at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

親愛なるプロコーチ養成スクール卒業生およびスクール生のみなさんへ

社名変更に対して、
たくさんの共感と賛同、そして期待と共に、
一緒にやっていきたい!!

という声をいっぱい、いただき、
本当にありがとうございます!!!

と同時に、戸惑いの気持ちの方も・・・・。


特に、ピークパフォーマンスを
心から愛している人ほど。

突然の発表に・・・。

そもそも、実務的に、
肩書きや名刺は??
ブログやツイッターは??
認定資格は??

いつから、何がどう変わるの?

具体的に、どんな変化があって、
どんな準備をすればいいの??

そんな疑問も沸いてきます。










何かが大きく変わる・・・・というよりは、

今まで以上に、より一層、

ピークが伝えてきたこと、
ピークでみなさんが学ばれ、体験されたことに、



『アイデンティティ・レベルで、一貫する』




そう受け取っていただければ、
嬉しいです。






そもそも、この社名変更は、
急に思いついた訳ではありません。

ここ数年、特に、今年に入ってから、

企業や経済の動向ばかりでなく、
社会や地域、環境異変や国際問題、

様々な世界の課題に対して、


ここ10年、20年、どうなるのか、


全体モードで、意識を広げて、
アンテナを張ってきました。


そして、単に、


個人が自分軸を見つけ、ピークパフォーマンスを発揮するだけでは、

間に合わない、

そんな危機感すら感じながら。










もちろん、

みなさんは、

クライアントの望む結果を出し、
その返礼として、経済的な豊かさ共に、
自分らしいライフスタイルを享受するために、


うちで、コーチングを身につけています。


それは、言うまでもなく。




そして、

「個人のパフォーマンスを上げるだけ」にとどまっていていいのか?




「私たちは、こんなもんじゃない!!
もっと、社会に、世の中に、貢献できる!!!」





「もっと私たちにできることはないか?」






そう考え続けていました・・・・。












うちで学ばれた、みなさんは、

クラスのどこかで、

セッション中に、

飲み会の席で、

仲間たちと語り合う内に、

職場の仲間や家族とともにいるとき、

コーチングにおいて、

・・・・・・・・・・・


チームという意識がなくとも、

今まで、想像もつかなかった、
一人ひとりの可能性が、最大限、発揮され、
場全体が「大きな流れ」を生み出している、


誰もが、そんな体験、
されているのでは??



あれが、まさに、『チームフロー』



です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・






特別な人材だけが、会社をよくするのか、

特定の人気者だけが、地域を活性化させるのか、

天性の才能のアスリートやアーティストだけが、日本が元気にするのか、

別次元のビジネスパーソン、経営者だけが、日本経済を立て直すのか、

選ばれし政治家や優秀な官僚だけが、日本をよくしていくのか、

特殊な人たちだけが、環境異変や国際問題を解決するのか、


もちろん、

そんな特別なヒーローたちが、
ピークパフォーマンスを発揮するため、


私たちが、コーチングの価値をもっと高めたい!!!







そして、それ以上に、

私たちが関わる、誰もが、
一人ひとりの、意識が高まり、
自分軸に基づき、しかも協力しあえることで、



一人ひとり、だれもが、ヒーローになる。



その大小に関わらず、
社会や世界に変容を引き起こす
インパクトを与えることができる。




誰でも、ほんのちょっと、

意識が変わり、

「違いを認めつつ、一緒によりよくしたい!!」


それぞれのありたい姿と共有ゾーン、見いだすことで、


一人ひとり、みんなが、ヒーローになる、




チームとして、
大きな『流れ』を生み出すことができる。



地球の未来のために。





私たちのコーチングは、
それが可能である、




そう確信しています。


posted by ピークパフォーマンス at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私が『チームフロー』にワクワクする理由(ワケ)

こんにちは。
スクール事業部ディレクターの永田順子です。

「チームフロー」のコンセプトを
http://ameblo.jp/peakperformance-coach/entry-10668555037.html
話し合っている時、

「これぞ、私のありたい姿!!!」と
ワクワクしたんです。

++++++

【一人で頑張り空まわり時代】

前職の流通小売業時代、
大型のショッピングセンターで
ある売り場のマネージャーをしていました。

総勢30名ほどのスタッフの、
マネジメントに四苦八苦。

売り上げ予算は6割しかいかず、
上司や、本部から「ああしろ、こうしろ」と言われる。

それを、チームメンバーに伝えると
「人手がたりないのに、これ以上できません!」
と反発される。

一生懸命、
やっても、やっても、やっても、
結果がでない。

そのうちストレスで会社に行けなくなるだろうな・・・

そう思いながら、
毎朝、砂を噛むような思いで
会社に向かっていました。

++++++

【何が大切かに気づいた時】

悶々とする中で、
ある時、気がつきました。


「私は売上予算達成のためだけに、
 生きているんじゃない」

「もっと、メンバー一人一人が
 やりたいことができる チームにしたい!」

「チームのメンバーと、仕事の成果を喜びあいたい!
 だから、売上予算達成したい!」
   


そして、
私の関わり方がかわりました。

メンバーと、

「この商品を、どんな売り場で、
どんな風に、どれぐらい売りたい?」

「今、仕事でどんな事に困っている?
どうなったらラクになる?」

そんな話をたくさんして、
一緒に行動していきました。


私が変わって、
チームが変化しました。

私が困っていると、
メンバーがたすけてくれる。

担当外の仕事を
みんなで手伝ったり。

指示をしなくても
自分で考え、行動している。

3ヶ月ほどしたら、

売上予算も達成!
~~~~~~~~~~~~~~~~
もちろん、予算達成祝いで飲み会!

「マネージャーの私が頑張らないと!」
と空周りしていた時よりも、

「一人ひとり自分らしく、しかも、協力しあう」方が、
自分もチームもワクワクして、
想像以上の成果が出る。


自分でも驚きました。

++++++

【チームフローで実現したいこと】


「チームフロー」・・・・、

「チームの一人一人のやりたい事を実現したい!」と

家族も、コミュニティーも、会社組織も、国も、世界も、
一つのチームとして、

「一人ひとり自分らしく、しかも、協力しあって
、新たな大きな流れを作っていく・・・」

まるで、サッカー岡田ジャパンのように、
一人ひとりの選手が、自分一人ずつの可能性を超え、

まるで、一つの生き物のように、流れるように、
道を開いていく・・・・。

http://ameblo.jp/peakperformance-coach/entry-10668555037.html
〜〜〜〜平本のブログより〜〜〜〜〜


私が
「平本あきお」や「ピークパフォーマンス」に
強く惹かれたのも、

「チームフロー」

会社や職場で、それが起こせるなら、
そんな社会をめざせるなら、
やってみたい!

と、強く思ったからです。


常に、同僚や他社との競争にさらされ、
「競争に勝ちたいフリ」を、しながら頑張る。

自分の本当にやりたい仕事ではないけど、
責任もやりがいもあるし、
他にやりたいことも見つからないし。

人間関係に揉まれ、悩み、
でも、「○○さんは変わらないし」と、我慢する。
かっての自分はそうでした。
 

ピークパフォーマンスに転職して、衝撃!!!

「チームフロー」が頻繁におきてる!


スタッフのミーティングで、
コーチ養成スクールのクラスの中で、
平本あきおのセミナーや、企業研修で。


そして、
「チームフロー」に至るテクノロジーが
確立されている!

自分の夢にワクワクして
行動したくてたまらなくなったり、

仕事の問題・課題がクリアになり、
人間関係の悩みも解消できちゃう。

『ピークパフォーマンス・コーチ』から
『チームフロー・コーチ』へ。

コーチ自身や、
クライアントさんの周囲で、

『チームフロー』が広がっていく。


仲間と、
会社で、
家庭で、
地域で、
日本で、
そして世界で。

みんなが、チームとして波にノることで、
楽しく、楽しく、楽しく、
ついつい
想像を絶する成果を出していく。


「確かに『チームフロー』で世の中
変わったよね〜」

そう語り合っている未来は近い!

そう思います。

(順子)
posted by ピークパフォーマンス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフの諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

『ピークパフォーマンス』は、12月から、社名を変え、次のステージへ!!

プロコーチ養成スクール生をはじめて、

全国のたくさんの、

「日本を元気にしたい仲間たち」に、

愛されてきた、



『ピークパフォーマンス』・・・・



『株式会社ピークパフォーマンス』は、




12月1日、創業10年目を迎え、




『株式会社チームフロー』に、社名を変え、





次のステージに一歩踏み出します。




今までは、



一人一人が、自分の可能性に気づき、発揮し、成果を出し続けてきた、



自分軸に基づき、自分らしく、最高のパフォーマンス、



ピークパフォーマンスを発揮してきました。






しかし、この時代、世界中が、



景気低迷、環境問題、未来や希望が見えてこない、



そんな時代、「個人のパフォーマンス」にだけ

フォーカスしてていいのか??!!





クライアントとコーチが、一つのチームなのはもちろん、



家族も、コミュニティーも、会社組織も、国も、世界も、



一つのチームとして、



「一人ひとり自分らしく、しかも、協力しあって、新たな

大きな流れを作っていく・・・」



まるで、サッカー岡田ジャパンのように、



一人ひとりの選手が、自分一人ずつの可能性を超え、



まるで、一つの生き物のように、流れるように、



道を開いていく・・・・。





個人のフローにとどまらず、



みんなが、有機的なチームとして、

フローを生み出す・・・・。




「個人のパフォーマンス」から、「フローな人々に溢れる世の中」へ。



「フローに働く人々」

「フローに成果を出す人々」

「フローに人生を満喫する人々」

「フローに協力し、創造する合い人々」

「フローにサポートしあい、夢を叶える人々」




この複雑系、混沌とした世の中、



課題・難題を解決する、糸口は、



関係者たちが、チームとして、語り合い、支え合い、

フローな流れを作り出すこと・・・に、ある。



辛くきつく、我慢し合う、のではなく、



みんなで、楽しく、『無』から、『有』を編み出すことができる。






『ピークパフォーマンス・コーチ』は、



『チームフロー・コーチ』へ。





単に、目の前のクライアントの望む成果を、目標を達成し、

自分らしく、経済的に豊かに暮らす、ばかりでなく、



チェンジ・メーカーとして、

もっと、世の中を、社会を変革することができる、



地球を一つのチームとして、

どう変化を起こせるか、







まさに、『チームフロー』は、



今まで以上に、



私平本やピークのメンバーたちの



思いや行動が反映されます。





しかも、辛く頑張って、個がパフォーマンス出すのでなく、



みんなが、チームとして波にノることで、



楽しく、楽しく、楽しく、ついつい



想像を絶する成果を出していく。







「チームフロー」・・・・、



「チーム」・・・・は、ヨコの関係、

「フロー」・・・は、身体知、



この世の中には、「いらない人は存在しない」、



どんな人間も、その人にとって、

ぴったりの居場所が見つかれば、



『必要な存在』。



ちょうど、カウンセリングセミナーでよく私が言う、

『アドラーの共同体感覚』にも、近いニアンス。



自分にOK、人にOK、自分は役に立ててる存在。



しかも、流れに乗って、波に乗って。






自然のと戦う、でのはなく、



まるで、サーフィンのように、


自然とともにいる。





むしろ、絶大な自然の流れを借りて、

しかも、自分の人生の舵をとる。




パーソナル・パワーを超えて、

フロー・パワーへ。





そして、世の中に、『新しい流れ』、



みんなで協力することで、生み出していく、

チェンジ・メーカーとして。







今が、100年に一度のチャンス。





みんなと一緒に、チームとして、

フローを引き起こしたい!!!




誰もが、自分らしく、協力し合う世の中、



『人類の可能性とチャレンジ』に貢献したい!!




そんな、新しい時代を一緒に、切り開きたい!!!




チームフロー、みんなで巻き起こそう。

posted by ピークパフォーマンス at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 平本日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。